‘未分類’ カテゴリー

簡単に出来るファスティングダイエット

断食やプチ断食のような、一定期間食事を摂取しないというダイエットは正直ちょっとツライ…という方にお勧めしたいのがファスティングダイエットです。

そもそもファスティングダイエットも断食するダイエット法で、水または酵素ドリンクのみでダイエットを行います。
これでは、断食と変わらないですよね…。

008372d73408b0a73b8cd5bb675fe1e2_s

そこで、もっと手軽に行える方法を!

朝ファスティング・夜ファスティング
 朝食または夕食を食べません。水・白湯・酵素ドリンクのみで過ごします。
 
一日ファスティング
 食べ過ぎてしまった翌日などに、一日食べない。水・白湯・酵素ドリンクのみで過ごします。

ただし、体調が悪い時などに無理の行うのはNGです。
 
また体に負担をかけずに行いたい場合は、寝る4時間前には食べない。というやり方もあります。
簡単にできる上、太りにくい体質づくりができます。
寝る前に食べてしまうと、食べたものが消化できず胃や腸に負担をかけることになります。
当然脂肪を蓄積しやすく、太りやすくなってしまいます。
出来るだけ寝る時は、胃腸を休ませてあげることがベスト。
食べたものが消化できないとも睡眠にも影響を与えます。

夜寝る前に食べ物は口にしない!を生活習慣にしてみてはいかかでしょう。

脂肪燃焼スープの良いところ

脂肪燃焼スープでダイエットをおこなう場合、一週間の中でスープと決められた食事メニューを摂らなければいけません。
他にも炭酸飲料、アルコールは飲んではいけませんし、砂糖、スイーツなどの甘いものも
NGです。

fe4b69c4fd5e8cb4a7a3c6153e7c615f_s

脂肪燃焼スープとはいわゆる「野菜スープ」。
もともとは心臓外科手術を受ける方で短期間で安全に減量する必要がある方のための方法とも言われていますが、実際のところはどうなのか分かっていないようです。

野菜スープのメリットはスープに溶けだした野菜の栄養素を余すことなく摂取することが出来ること。
多くの種類の野菜を一度に摂ることが出来る。
お腹が膨れるので暴食を避けることが出来る。
一度に沢山作ってストック出来るので簡単。
カロリーが低い。
などダイエットに向いている食事なのです。

また、このスープの素晴らしいところはデトックス効果が高いこと。
食物繊維や色々な栄養素の力でお腹の老廃物を排出し、腸内環境を整えてくれます。

しかし、一週間のプログラムの中で肉を食べる日、フルーツを食べる日、野菜を食べる日、玄米を食べる日などのルールがあります。
タンパク質、炭水化物が不足しがちになってしまいます。
あくまでも短期間でおこなうダイエットであるということを認識しておきましょう。

ダイエット合宿

痩せたいけど中々痩せられない・・・、でもどうにかして痩せたい。
医者からも痩せるように言われてた・・・などの経験ありませんか?
そんな方にピッタリなのが「ダイエット合宿」
最近テレビや雑誌で注目されていて、よく耳にするようになったダイエット合宿ですが、いったいどういうモノなんでしょうか?

プロの指導のもとに栄養バランスを考えた食事、適切な運動など、肥満の原因となる生活習慣を改善を目指します。
合宿施設にて指導を受けることになりますが、同じ目的を持った方々と一緒に行うことが出来ますね。

スイミングプールやトレーニングルーム、サウナなど運動施設も充実している所もあります。
ダイエット合宿が終わった後も基本的な知識、取り組み方を学んだわけですから、今後の生活改善にも役に立ちますよね。

大切なのは太らない体づくりを続けて行くことなのです。

自分一人のダイエットではうまく効果が表れないことも多いでしょう。
一度、プロのチカラを借りてチャレンジしてみるの良いかも知れません。

合宿期間は色々あるようですが、大体一週間くらいからあります。
あとは、自分に合った施設やプログラムを見つけることが大事ですね。
無理なくダイエットを成功させましょう!

昨日の食べ過ぎをなかったコトにするダンベル方法

自分の好きな食べ物や、おいしい旬の食材が入ると、ついつい食べ過ぎてしまう方が多くな

っています。
寒い時期になると、ついつい食べ過ぎてしまい太ってしまう方が増加するので、注意をするよ

うにしたいものです。
ダンベルニータッチの筋トレをすることで、体の体幹を刺激することが出来るので、腹筋を使う

ことで、部分痩せがしやすくなります。
ダンベルを持って、筋トレをすることで、腕をシェイプアップさせる効果が期待できます。
手にダンベルを持ち、足を少し開いたら、右足を後ろに伸ばして膝をしっかりと曲げるようにす

ると、体のバランスが取りやすくなりますし、カロリーを消費しやすくなります。
ダンベル二ータッチの筋トレをすることで、体の体幹を刺激するので、体の基礎代謝を上げて

痩せやすい体質に改善しやすくなります。
食べ過ぎてしまったと感じている翌朝に、ちょっとした合間を利用して運動をすることをお勧め

します。
ダンベルは、ホームセンターやスポーツ用品店で購入している商品を使うと便利です。
腹筋を鍛えたり、腕を鍛えることが出来るので、メリハリのあるボディーラインを作ることが出来

ます。
体に負担の少ない運動なので、若い年代の方だけでなく、中高年以降の方にもお勧めした

いです。

お腹痩せ

気になる部分の贅肉をとりたいというのはなかなか難しいものです。

対策を行っても特に腹部は効果が現れるのに時間がかかります。

そこで適切なカロリーコントロールに基づく食事制限と、30分程度の有酸素運動、さらに筋力トレーニングを行い、経過を見ていきます。

どの程度太っているかにもよりますが、3ヶ月続ければ必ず効果は現れます。

以下は腹筋の筋トレについて記述します。

トレーニングの効果をより早く実感するには、ダンベルを用いるのも非常に良い方法です。

ダンベルを負荷にしてお腹に力をかけ、腹筋を鍛えていくのです。

初心者は軽いダンベルから始めましょう。

徐々にダンベルの重量を上げていくと効果的です。

またダンベルが用意できない場合は、水を入れたペットボトルで代用できます。

最初は腹直筋です。まずダンベルを右手に持って、脚は肩幅に開いて立ちます。

次に身体を左側に傾けます。この時ダンベルが自然に持ち上がりますが、腹筋を使ってあげる感覚で行います。

次いでダンベルを左手に持ち替えて反対側も同様に行います。

次は腹筋です。床に仰向けに寝て膝を立てます。

ダンベルは胸の辺りにおいて両端は手で支えておきます。

そして上体を起こす、戻すの連続運動になります。

通常の腹筋トレーニングにダンベルの重さを加える訳です。

最後は腹斜筋です。まず床に座り膝は立てておきます。

上半身を少し後に傾けます。

この状態でダンベルを胸の前で両手で保持し、下半身はそのままで、上半身を大きく右にひねります。

次いで左にひねり、繰り返します。

ふくらはぎ引き締め

スカートから覗くすらりとしたふくらはぎは、脚線美には欠かせません。

 

運動不足や加齢などで筋肉が衰えると、脂肪や老廃物がたまりやすくなり、パンパンに太ってしまう部位なので、定期的なエクササイズが不可欠です。

 
誰でも簡単に出来るエクササイズを行って、すらりと健康的な脚線美を手に入れましょう。
まずは両手でダンベルを持ち、腕を下に下げます。足を肩幅程度に開いたら、片方の足を前に踏み出します。
そのまま腰を上下に何度も上げ下げします。このエクササイズを行うと、足全体の筋肉が刺激されて、足首から足の付け根までのシェイプアップ効果が見込めます。

 
なれないうちは10回程度を行い、反対の足も同様に行います。

 
慣れてきたら徐々に回数を増やしていきましょう。

 
また、ダンベルを持った手を下に下げて、足を肩幅に開き、かかとを上げ下げするのも効果的です。
かかとを下げる時は、床にかかとが着かないように注意して、連続して何回も行いましょう。
慣れてきたら踏み台の上などにつま先だけで乗って、かかとを上げ下げします。

 
足裏全体を効率よくシェイプアップする事が出来て、すらりとした足を手に入れることが出来るでしょう。

 
普段、なかなか歩くことがない人でも、効率よく筋肉を鍛えることが出来る方法です。

毎日継続してエクササイズをして、脚線美を手に入れましょう。

背中痩せ

世の中には色んなダイエット法があるので、ただ闇雲に痩せたいからと運動を始めても、自分

の求める結果には繋がり難いです。

ダイエットを成功させるにはこの部分を引き締めたいとか、1年間で5㎏痩せたいなどの明確な目標が必要です。

 
そしてダイエットを成功させたいなら筋肉を鍛える事が重要です。筋肉を鍛えると基礎代謝が上がるので、今までと同じ生活をしていても消費するカロリーが増えるので痩せやすくなります。

ですが体中の筋肉を鍛えると時間が掛かってしまうので、大きな筋肉を鍛えて効率よくダイエットをしましょう。
大きな筋肉の一つに背中にある僧帽筋というのがあります。

この筋肉は猫背の人などは普段の生活の中であまり動かす機会が無い筋肉なので、積極的

に動かせば肩凝りの改善にもなるのでオススメです。

 
あまり運動をしていない人はまずはストレッチから始めましょう。

肩甲骨を意識しながら肩を回したり、手を前に伸ばした状態で組んで左右に動かしたりする

事で、僧帽筋をほぐす事が出来ます。
慣れてきたらこの動きを軽めのダンベルを持った状態で行えば、ストレッチが筋力トレーニン

グに変わります。

勢いを付けてやってしまうと怪我の原因になるので、ゆっくりと筋肉を意識しながら行いましょう。

二の腕引き締め

二の腕と呼ばれる部分は「上腕二頭筋」と「上腕三頭筋」と呼ばれる部分に当たります。

そして、よくたるみがちになるのが上腕三頭筋のほうです。上腕二頭筋は所謂「力こぶ」の事

で、関節の構造上、日常生活ではある程度使われる筋肉です。

三頭筋は二頭筋の反対の部分にある筋肉です。日常、ほとんど使われることはありません。

そのため、だらしなくたるんでしまうのです。
この部分の筋肉を引き締めるトレーニング方法は、ダンベルをチューブを使った方法があります。

上腕二頭筋を鍛えるには肘を動かさずに、肘から下の腕の力だけで上げ下げを行うトレーニング方法を行います。「カール」と呼ばれるトレーニング方法で、ポイントは肘を固定した状態で行う事。

肘が動くと効果が半減してしまいます。

上腕三頭筋を鍛えるには、「カール」とは逆に動かすトレーニングになります。

腕を頭の後ろに持っていき、肘を曲げた状態から上へ伸ばします。こちらも肘を固定した状態で上げ下げを行うのがポイントです。
この他にも、道具を使わずに手ごろに出来る方法として「腕立て伏せ」があります。

なるべく着いている手を内側に持っていくと筋肉に対する刺激が強くなります。

筋力の弱い女性の場合、足を延ばした姿勢では大変無難しくなるため、両膝を付いた状態

で行うと良いでしょう。

ダンベルダイエットのポイントとアフターケア

ダンベルを使った運動は、室内で手軽に行え必要な器具もダンベルだけで済むので、男性

でも女性でも行える運動として大変人気です。
筋肉量を増やし、ダイエット効果を確実に得るためには正しい姿勢で運動を行うことがポイント

です。
自分の鍛えたい筋肉を意識しながら正しい姿勢で運動を行うことで、確実に筋肉に効かせる

ことが出来ます。

また、ダンベルを使った運動はヒジなどの関節を痛めやすいので、正しい姿勢で行うことは怪

我の防止にも大変効果的なのです。

 
そして、ダンベルを使った運動の後はアフターケアを忘れてはいけません。

 
ダンベル運動をした後の筋肉は、負荷がかかったことにより痛められ、筋肉組織が傷ついて

いる状態です。
筋肉が壊れて修復されている時は筋肉痛の症状が出ている段階です。筋肉痛が和らぐと同

時に筋肉の修復が行われて、前よりも鍛えられた筋肉になります。
運動後は入念なストレッチを行い、筋肉がある程度回復してからダンベル運動をするのが良

いでしょう。

なので、毎日続けて運動を行うのでは無く、1日か2日程度休みを空けてから運動を行うと良

いでしょう。
そして、筋肉痛を和らげるために運動後は暖かいお風呂に入って身体を温めてあげると効果

的です。

重さの選び方について

様々なダイエット方法がありますが、ダンベルを利用したウエイト負荷で効率的に筋肉を刺激し、引き締め効果を狙ったダンベル体操というダイエット法があります。時間も場所も選ばず手軽にでき、費用もあまりかからないことから、とりかかりやすく継続しやすいダイエット法でもあります。使用するのはスポーツ用品店などで販売されているダンベルです。早く筋肉をつけ、より早く痩せたいという理由から、重めのダンベルをという選び方は危険です。むやみに重いダンベルを使用しても、腰や手首を痛めたりと逆効果になる場合があります。適切なダンベルの選び方ですが、女性で1キロ前後、男性で3キロ前後で、持ったときに少し重いかな?という重さを目安にするとよいです。基本的にダンベルを使った体操では二の腕といわれる上腕二頭筋と肩の筋肉を使うことが多いのですが、この二つの筋肉はとても小さな筋肉です。そのため初めは軽めのダンベルを利用して、徐々に体を慣らしていくのが勧められます。また特に女性は握力が弱く手から抜け落ちる可能性もあるので、ベルト付きかコンパクトタイプのものがお勧めです。スポーツ用品店などで実際にグリップの感触や負荷を確かめて買うと良いでしょう。またお金をかけなくても、ペットボトルに水を入れるなど身近なアイテム利用しても手軽に始められます。