二の腕引き締め

二の腕と呼ばれる部分は「上腕二頭筋」と「上腕三頭筋」と呼ばれる部分に当たります。

そして、よくたるみがちになるのが上腕三頭筋のほうです。上腕二頭筋は所謂「力こぶ」の事

で、関節の構造上、日常生活ではある程度使われる筋肉です。

三頭筋は二頭筋の反対の部分にある筋肉です。日常、ほとんど使われることはありません。

そのため、だらしなくたるんでしまうのです。
この部分の筋肉を引き締めるトレーニング方法は、ダンベルをチューブを使った方法があります。

上腕二頭筋を鍛えるには肘を動かさずに、肘から下の腕の力だけで上げ下げを行うトレーニング方法を行います。「カール」と呼ばれるトレーニング方法で、ポイントは肘を固定した状態で行う事。

肘が動くと効果が半減してしまいます。

上腕三頭筋を鍛えるには、「カール」とは逆に動かすトレーニングになります。

腕を頭の後ろに持っていき、肘を曲げた状態から上へ伸ばします。こちらも肘を固定した状態で上げ下げを行うのがポイントです。
この他にも、道具を使わずに手ごろに出来る方法として「腕立て伏せ」があります。

なるべく着いている手を内側に持っていくと筋肉に対する刺激が強くなります。

筋力の弱い女性の場合、足を延ばした姿勢では大変無難しくなるため、両膝を付いた状態

で行うと良いでしょう。